between the sky

<   2008年 04月 ( 63 )   > この月の画像一覧

聖書:マルコ13:31

「 この天地は滅びます。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。ただし、その日、その時がいつであるかは、だれも知りません。天の御使いたちも子も知りません。ただ父だけが知っておられます。」人間は必ずいつか死にます。それと同じように、この地球もいつか滅びるのです。若い人にとっていつかというのは、不確実は遠い世界の話のように聞こえるでしょう。地球が滅びるとういうことも、ピンとこない話しかもしれません。イエス様は、目を覚ましていなさい、とメッセージを残しました。イエス様は予期せぬ時に来られ、終りが来るからです。いつか分からないというのは、良い意味で緊張感があります。いつ来ても良いように備えた生き方ができるからです。自分の死がいつ来ても、地球の最後がいつ来てもいいように備えはできているでしょうか?備えの中で最も大切なことが見えて来るはずです。あぶ
[PR]
by bts_wn | 2008-04-30 14:58 | ステパノ勝利

Luther 08.04.30.

自分で自分のことを義人だと思い込んでいる人たちは,
真の義人の言葉や行いや生き方に我慢がならないのです。
なぜなら、
彼らは自分が罪人で愚かな道化にすぎないことを
認めようとはしないからです。
[PR]
by bts_wn | 2008-04-30 14:57 | ルターのアンソロジー

聖書:マルコ12:43

「 すると、イエスは弟子たちを呼び寄せて、こう言われた。『まことに、あなたがたに告げます。この貧しいやもめは、献金箱に投げ入れていたどの人よりもたくさん投げ入れました。 みなは、あり余る中から投げ入れたのに、この女は、乏しい中から、あるだけを全部、生活費の全部を投げ入れたからです。』」大金持ちが大金を献金箱に投げ入れている中、一人の貧しいやもめがレプタ銅貨二枚(150円ぐらい)をはずかしそうに投げ入れました。しかし、イエス様は見ていたのです。そして、今日の御言葉のように正しい評価をされました。金持ちは自分の持ち物の全部をささげることはしません。しかし、彼女は全部をささげたのです。それほど神様に感謝し期待していたのです。イエス様は今も人の心を見て正しく評価して下さる方なのです。あぶ
[PR]
by bts_wn | 2008-04-29 14:50 | ステパノ勝利

Luther 08.04.29.

知者以上に、
ほかの知者に対して
怒りを抱いている者はいません。
[PR]
by bts_wn | 2008-04-29 14:41 | ルターのアンソロジー

Luther 08.04.28.

自分で自分のことを義人だ
と思い込んでいる人たち以上に、
真の義に対して力の限り
戦いを挑んでくる者は誰もいません。
[PR]
by bts_wn | 2008-04-28 14:37 | ルターのアンソロジー

聖書:マルコ11:22〜25

〔イエスは答えて言われた。「神を信じなさい。まことに、あなたがたに告げます。だれでも、この山に向かって、『動いて、海にはいれ。』と言って、心の中で疑わず、ただ、自分の言ったとおりになると信じるなら、そのとおりになります。だからあなたがたに言うのです。祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになります。また立って祈っているとき、だれかに対して恨み事があったら、赦してやりなさい。そうすれば、天におられるあなたがたの父も、あなたがたの罪を赦してくださいます。」〕神を信じなさいとは英語でHave faith in Godと書きます。神様の中にある信仰を持て!と直訳できます。自分の中にある信仰なら山は動かないでしょう。しかし、神様の中にある信仰なら、何でも出来ないことはないのです。その信仰を持つのです。イエス様なら出来ると信仰を持つのです。赦しにおいても主に従いましょう。あぶ
[PR]
by bts_wn | 2008-04-28 14:34 | ステパノ勝利

聖書:マルコ10:29〜31

「 イエスは言われた。『まことに、あなたがたに告げます。わたしのために、また福音のために、家、兄弟、姉妹、母、父、子、畑を捨てた者で、その百倍を受けない者はありません。今のこの時代には、家、兄弟、姉妹、母、子、畑を迫害の中で受け、後の世では永遠のいのちを受けます。しかし、先の者があとになり、あとの者が先になることが多いのです。』」 イエス様のためにかけて行く生き方は、必ず100倍の恵みがあると約束されています。その百倍の恵みは、おまけにすぎないのです。本当の報いは、永遠のいのちです。全世界の財を持っても買うことの出来ない、永遠のいのちが保証されているのです。それに比べると、家や財産や畑は、ささやかなおまけです。永遠を視野に入れて生きるなら、大胆にイエス様に従えます。あぶ
[PR]
by bts_wn | 2008-04-27 13:53 | ステパノ勝利

Luther 08.04.27.

自分の状態がいかにひどいか恐れもせず、
自分の罪深さも知らず、
勝手に自信を持って
神様のおそるべき裁きへと赴こうとしている人たちは、
なんと憐れな存在でしょうか。
神様の裁きにおいては、
どのような行いも(神様の裁きから)
救われるためには、
十分ではないのですから。
[PR]
by bts_wn | 2008-04-27 13:53 | ルターのアンソロジー

ただ在るだけ…だけれど

e0123689_2048576.jpg







e0123689_20482144.jpg

[PR]
by bts_wn | 2008-04-26 20:50

聖書:マルコ9:35

「イエスはおすわりになり、十二弟子を呼んで、言われた。『だれでも人の先に立ちたいと思うなら、みなのしんがりとなり、みなに仕える者となりなさい。』」イエス様は神であるのに人間の姿をとられました。その目的は、私たちの罪の身代わりとして十字架に架かり人々を救うことでした。しかし、弟子たちはなかなかその事を悟らず、弟子の中でだれが一番偉いのかと言うことが彼らの関心事でした。イエス様の右に座るのはだれ?イエス様が一番愛しているのはだれ?だれがリーダーになるの?そのことを見抜いていたイエス様は、真のリーダーシップの姿を語りまた模範を見せ続けました。みんなに仕えていくリーダーシップ(サーバントリーダーシップ)です。心から仕えて信頼を勝ち取る、愛のリーダーシップです。この原則は今も同じです。身に着けましょう。あぶ
[PR]
by bts_wn | 2008-04-26 14:00 | ステパノ勝利